会社概要
社名 中村青果株式会社
所在地 〒501-1205岐阜県本巣市曽井中島974-1
設立 1976年07月31日(創業1966年)
資本金 1,000万円
代表取締役社長 中村哲
事業内容(年間) 野菜包装1,891t / 果実販売407t / 青果物冷蔵保管業100t
従業員数 8名パートタイマー繁忙期50名
主要取引先 ぐんま県央青果株式会社、千葉青果株式会社、 長印船橋青果株式会社、
東京新宿ベジフル株式会社、東京荏原ベジフル株式会社、東京千住青果株式会社、
甲州青果株式会社、岐阜中央青果株式会社、
株式会社丸市青果、丸協青果株式会社、豊一豊田青果株式会社、
大垣共立銀行、西濃信用金庫

沿革
1966年 創業者中村昭吾が地元本巣農協を円満退社。中村商店を創業。
岐阜特産玉葱を主体とし県下野菜集荷販売業を開始。
1973年 以降、事業の発展を遂げ5,500万円を投じ冷蔵倉庫、
集荷場等建坪2,000㎡へ拡大。葱年間取扱量5,800tとなる。
1976年 以降、岐阜玉葱の急速な減反に伴い集荷業拡大のため4,500万円を投じ、兵庫県洲本市の業者を買収。
冷蔵倉庫、集荷場等1,580㎡を収得し中村青果株式会社を設立。
1977年 独自の販売路線を確率すべく東京都品川区に営業所を設置。
1983年 岐阜富有柿生産農家数の急速な増加に伴い果実の取り扱いを開始。
1990年 25,000万円を投じ、本社冷蔵倉庫、集荷場、選果場、加工場を全面改築する。
1995年 中村哲が代表取締役となる。
2003年 中村哲が生産と観光を目的に苺高設ベンチ栽培ロックウール方式2600㎡を建設。
翌年「濃姫」の普及活動を目的とした「NPO法人つみつみいちごファーム」を設立する。
中村青果株式会社